FC2ブログ

初めての仮想通貨投資 ~coincheck ( コインチェック ) 事件 580億円分の仮想通貨5億2,000万NEM(ネム)が不正出金で流出~

仮想通貨
01 /27 2018
初めての仮想通貨投資 ~coincheck ( コインチェック ) 事件 580億円分の仮想通貨5億2,000万NEM(ネム)が不正出金で流出~




ご覧頂きありがとうございます



悲しい事件が起きてしまいましたね。




『仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)は26日、仮想通貨「NEM」が不正に外部に流出したと発表した。流出額は580億円相当で、外部からの不正アクセスで引き出されたと説明。被害に遭った顧客数や口座数は「調査中」として、明らかにしなかった。同社はNEMのほか、ビットコインなど取り扱う全通貨の出金を停止した。
仮想通貨のトラブルでは2014年のビットコイン取引所のマウントゴックスが約470億円を消失させたのを超え、過去最大となる。
和田晃一良社長は26日深夜、東京都内で記者会見し、「お騒がせし深くおわびする」と陳謝。不正に流出した仮想通貨の行方や原因の究明を急ぐ考えを表明した。』
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018012700014&g=eco







『仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)で顧客から預かっている約580億円分の仮想通貨が流出した問題で、同社が、採用を推奨されていたセキュリティー技術を導入していなかったことが27日、分かった。不正アクセス対策が不十分で、利用者保護が後手に回っていた格好だ。』
ニュースより抜粋。







そういう、リスク分散のためにも、私は複数の取引所を開設しておくことを以前からオススメしています。


対処方法は兄さんは教えてくれませんから。


コインチェックはこれまでかなりの人気で仮装通貨取引所の中心的な存在でした。

しかし、どこも100%安全ということではないということが、今回のことで良く分かりましたね。

かといって、ずっとコールドウォレットに入れておく訳にもいかず、取引で儲けるためにはいくらかは取引所にお金を預けていないといけません。

なので、どこの仮想通貨取引所を選んでもある程度リスクはあるのですが、取引をするには取引所にお金を一時的には置いておかなければならないという状況と思います。

なのでリスクを減らすには、複数の取引所に登録をして、どこかの取引所で問題が起こった時に、すぐに対応ができる、動かせる取引所を持っているということが重要と思っています。


そんな中で私がおススメしているのはZaif取引所です。

↓↓↓ (画像クリックで登録ページに飛べます)





まず初めに私がZaif取引所をおススメする理由としては、立ち上げの当初ホリエモンこと堀江貴文氏が関わられており、知名度と他の得体の知れない取引所と比べて安心感があるという点があります。


Zaifを運営する親会社のテックビューロ株式会社は2017年9月29日 近畿財務局における仮想通貨交換業者の登録を完了しており、正式な仮想通貨交換業者としての営業をしている取引所になります。


コインチェックはこの登録が済んでいないという点も今回問題視されています。


また、Zaifにはセキュリティー面も、出金停止の設定などもすることが出来るので、出金の予定がない場合は設定しておくことで、特定の通貨は出金や送金を出来ない状態にしておくことが出来ます。





出金アドレスの制限もでき、登録したアドレスにしか送金出来ないようにも設定できます。

↓↓↓↓↓






↓↓↓↓↓




昨日の騒動から、コインチェックを不安に思った投資家がすでにZaifに登録し始めています。
登録はこちらから↓↓↓↓↓↓ (画像クリックで登録ページに飛べます)




登録方法、手順はこちらにまとめています。

↓↓↓(文字をクリックするとページに飛べます)
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~



とにかく、複数の武器を持っておくこと。

これが大切です。


仮想通貨自体はなにも揺らいでいないですからね。


マウントゴックスもしかり、今回は取引所の問題ですからね。


今回対象になったネムは財団側が問題解決に向けて既に行動されているようです。















どう解決されるのか楽しみですね。



逆にこういうことがきっかけで暴落した時に、コインチェック以外の取引所を持っている人は安く買うことも出来ています。

ちなみに私は昨年5月にも一つの取引所に集中せず、分散投資をすることをお勧めする内容のブログを書いています。

↓↓↓(文字をクリックするとブログページに飛べます)

初めての仮想通貨投資 ~coin checkの障害にも焦らず対応できた理由~

とにかくリスクを少なくするためにあらゆる手段を準備しておく。

そして仮想通貨自体の価値をしっかりと信じておく。


これが大切なことですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。
スポンサーサイト



初めての仮想通貨投資 ~coincheck (コインチェック)のXEMネム不正出金で見えた取引所リスク分散の必要性~

仮想通貨
01 /27 2018
初めての仮想通貨投資 ~coincheck (コインチェック)のXEMネム不正出金で見えた取引所リスク分散の必要性~




ご覧頂きありがとうございます



悲しい事件が起きてしまいましたね。




『仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)は26日、仮想通貨「NEM」が不正に外部に流出したと発表した。流出額は580億円相当で、外部からの不正アクセスで引き出されたと説明。被害に遭った顧客数や口座数は「調査中」として、明らかにしなかった。同社はNEMのほか、ビットコインなど取り扱う全通貨の出金を停止した。
仮想通貨のトラブルでは2014年のビットコイン取引所のマウントゴックスが約470億円を消失させたのを超え、過去最大となる。
和田晃一良社長は26日深夜、東京都内で記者会見し、「お騒がせし深くおわびする」と陳謝。不正に流出した仮想通貨の行方や原因の究明を急ぐ考えを表明した。』
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018012700014&g=eco







『仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)で顧客から預かっている約580億円分の仮想通貨が流出した問題で、同社が、採用を推奨されていたセキュリティー技術を導入していなかったことが27日、分かった。不正アクセス対策が不十分で、利用者保護が後手に回っていた格好だ。』
ニュースより抜粋。







そういう、リスク分散のためにも、私は複数の取引所を開設しておくことを以前からオススメしています。


対処方法は兄さんは教えてくれませんから。


コインチェックはこれまでかなりの人気で仮装通貨取引所の中心的な存在でした。

しかし、どこも100%安全ということではないということが、今回のことで良く分かりましたね。

かといって、ずっとコールドウォレットに入れておく訳にもいかず、取引で儲けるためにはいくらかは取引所にお金を預けていないといけません。

なので、どこの仮想通貨取引所を選んでもある程度リスクはあるのですが、取引をするには取引所にお金を一時的には置いておかなければならないという状況と思います。

なのでリスクを減らすには、複数の取引所に登録をして、どこかの取引所で問題が起こった時に、すぐに対応ができる、動かせる取引所を持っているということが重要と思っています。


そんな中で私がおススメしているのはZaif取引所です。

↓↓↓ (画像クリックで登録ページに飛べます)





まず初めに私がZaif取引所をおススメする理由としては、立ち上げの当初ホリエモンこと堀江貴文氏が関わられており、知名度と他の得体の知れない取引所と比べて安心感があるという点があります。


Zaifを運営する親会社のテックビューロ株式会社は2017年9月29日 近畿財務局における仮想通貨交換業者の登録を完了しており、正式な仮想通貨交換業者としての営業をしている取引所になります。


コインチェックはこの登録が済んでいないという点も今回問題視されています。


また、Zaifにはセキュリティー面も、出金停止の設定などもすることが出来るので、出金の予定がない場合は設定しておくことで、特定の通貨は出金や送金を出来ない状態にしておくことが出来ます。





出金アドレスの制限もでき、登録したアドレスにしか送金出来ないようにも設定できます。

↓↓↓↓↓






↓↓↓↓↓




昨日の騒動から、コインチェックを不安に思った投資家がすでにZaifに登録し始めています。
登録はこちらから↓↓↓↓↓↓ (画像クリックで登録ページに飛べます)




登録方法、手順はこちらにまとめています。

↓↓↓(文字をクリックするとページに飛べます)
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~



とにかく、複数の武器を持っておくこと。

これが大切です。


仮想通貨自体はなにも揺らいでいないですからね。


マウントゴックスもしかり、今回は取引所の問題ですからね。


今回対象になったネムは財団側が問題解決に向けて既に行動されているようです。















どう解決されるのか楽しみですね。



逆にこういうことがきっかけで暴落した時に、コインチェック以外の取引所を持っている人は安く買うことも出来ています。

ちなみに私は昨年5月にも一つの取引所に集中せず、分散投資をすることをお勧めする内容のブログを書いています。

↓↓↓(文字をクリックするとブログページに飛べます)

初めての仮想通貨投資 ~coin checkの障害にも焦らず対応できた理由~

とにかくリスクを少なくするためにあらゆる手段を準備しておく。

そして仮想通貨自体の価値をしっかりと信じておく。


これが大切なことですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の取引所はZaifがおススメ~

仮想通貨
01 /20 2018
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の取引所はZaifがおススメ~




ご覧頂きありがとうございます


今回は私のおススメのZaif取引所の良いところを紹介します。
↓↓↓ (画像クリックで登録ページに飛べます)




これから仮想通貨を始めたいという方にも参考になる内容かと思います。


登録の方法はこちらのブログで詳しくまとめています。

↓↓↓(文字をクリックするとページに飛べます)
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~


まず初めに私がZaif取引所をおススメする理由としては、立ち上げの当初ホリエモンこと堀江貴文氏が関わられており、知名度と他の得体の知れない取引所と比べて安心感があるという点があります。


また、Zaifを運営する親会社のテックビューロ株式会社は2017年9月29日 近畿財務局における仮想通貨交換業者の登録を完了しており、正式な仮想通貨交換業者としての営業をしている取引所になります。






そしてこの登録を完了している取引所の中で、取り扱う通貨の種類が圧倒的に多いということもこの写真から分かると思います。





トークンやICOなど、色々なものがあります。



そして、私がこのZaif取引所をおススメする最大の理由がチャートがとても詳細に分析できる機能を有しているということです。







ボリンジャーバンドを表示させることもできますし、各日にカーソルを合わせれば1日の中の高値や安値も確認できます。







これまでは仮想通貨も上がる一方ですが、先物取引が始まり、機関投資家も参入してきたことにより、上下のボラティリティが大きくなると思われます。











このようにその他にも沢山の指標があるので、細かく利益をとるために分析をしたい人にはオススメです。

一目雲も表示させることが出来ます。







長期に渡って詳細チャートが確認出来ますので、とても便利と思います。

こんな分析をされている方もいらっしゃいました。
↓↓↓







また、セキュリティー面も、2段階認証はもちろん、出金停止の設定などもすることが出来るので、出金の予定がない場合は設定しておくことで、仮想通貨を盗まれたりするなどの被害も防ぐことが出来ます。







セキュリティ面がしっかりしているという点も安心でいいですね。


またコイン積立というものがあり、毎月1,000円程度の少額から仮想通貨で積立が出来るプログラムも準備されています。







初心者の方はこちらを利用するのも良いかと思います。

コイン積立についてはこちらのブログで詳しく書いています。
↓↓↓(文字をクリックでページに移動します。)
初めての仮想通貨投資 ~ビットコインを始めるならZaif コイン積立がオススメ~






そんなオススメのZaif取引所の登録はこちらから。

↓↓↓(画像クリックで登録ページに飛べます)



登録方法、手順はこちらにまとめています。

↓↓↓(文字をクリックするとページに飛べます)
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~



詳細の分析は必要無いという方には、出川さんのCMでお馴染みのcoincheck取引所が取り扱いコインの種類も多くアプリも使いやすいので、簡単にやりたいという人にはこちらもオススメです。
↓↓↓(画像クリックで登録ページに移動できます。)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


登録方法はこちらのブログで詳しく書いています。
↓↓↓(文字クリックでページに移動できます。)
初めての仮想通貨投資~仮想通貨の買い方 coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~

リスク分散のためにも、私は複数の取引所を開設しておくことをオススメしています。
何か一方の取引所でトラブルがあった際も仮想通貨を移動することができるので万が一の備えに是非両方登録しておいてください。

とにかく、仮想通貨取引は早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~

仮想通貨
01 /19 2018
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の買い方 - Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順 - ~




ご覧頂きありがとうございます


最近、仮想通貨の勢いがすごく、仮想通貨投資を始めてみたいという方も多いと思います。

しかし、仮想通貨ってどう始めるの?と疑問に思う人がいるかもしれません。

株やFXと違って銀行や証券会社でまだ取り扱いが少ないですしね。

仮想通貨投資は、まず仮想通貨取引所に登録し、入金することから始めます。

本人確認等の手続きが完了し、取引所に入金をすれば仮想通貨が買えるようになります。



今回はそんな仮想通貨取引所の中でZaif 取引所の登録方法をご紹介します。


Zaifは現在取引手数料がマイナス0.01%いうことで、取引するほどお金が入るという夢のようなキャンペーンをしています。

取引所はたくさんありますが、手数料がマイナスなのでZaifはとてもオススメです。

1.
下のバナー(画像)をクリックし、Zaifのホームページへ移動します。
↓↓





クリックすると下記の画面になります。








2.メールアドレスを入力し、無料登録へをクリックします。



3.機械でないことの確認が出るので、指示に従って選択します。






選択したら確認をクリックします。









メール送信された旨の表示が出ます。



4.URLのついた登録確認メールが送られてくるので、メールからURLをクリックしてアクセスします。







アクセスをするとパスワード登録画面が出てきますのでパスワードを設定します。







※パスワード設定は50%以上の強度パスワードを設定しないと次へ進めません。


5.
続けて基本情報設定を行います。


まずは基本情報の登録という項目をクリックします。







入力画面が出ますので、全て入力します。








入力が完了したら、変更をクリックします。



6.
次に本人確認手続きをします。

まずは電話番号認証です。

アカウント→本人確認→電話番号認証のページを開いて下さい。







電話番号の入力欄に入力し、送信ボタンをクリックします。








携帯にSMSが送られてきますので、電話番号認証コードを確認して下さい。



先ほどのページの認証コード登録タブをクリックし、画面で送られてきた電話番号認証コードを入力して下さい。



7.
アカウント→本人確認→本人確認書類にアクセスして下さい。


本人確認書類をアップロードして下さい。


※本人確認のファイルについてはよくあるご質問をご確認下さい。



8.
郵送による本人確認


本人確認依頼フォームより、郵送依頼の送信をします。

登録住所に変更がある方は、先に住所変更をして下さい。

Zaifから登録した住所へ随時確認書類が郵送されます。

郵送物には本人確認コードが記載されています。

郵便物の差出人はZaifを運営する「テックビューロ株式会社」です。

ご不在の場合は、通常、不在票が投函されます。

不在票からの再配達の場合は、郵便局に配達日・時間帯の指定ができます。

法令に基づく手続きとして 「簡易書留(転送不要)」 で郵送されます。そのため、別住所への郵送・転送はできません。

受け取りした郵送物に記載されている本人確認コードを登録したら全ての登録が完了です。

9.
日本円入金の手順

取引を開始する際に入金する必要があります。

日本円を入金する場合、

アカウント →入出金と履歴(¥マークのタブ) →日本円入金(銀行振込)のページを開いて下さい。







入金したい金額を入力して「入金開始」ボタンを押して下さい。

リクエストが完了すると、振込口座が表示されますので、名義名書式(フリガナ+識別数)で振込みをします。

振込が完了すると、アカウントに反映され取引が開始できます。










ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の暴落の原因は?~

仮想通貨
01 /18 2018
初めての仮想通貨投資 ~仮想通貨の暴落の原因は?~




ご覧頂きありがとうございます


ビットコインをはじめ、仮想通貨が軒並み下落してしまっていますね。







この金額では二度と買えないと思っていた水準まで、下がって来ているので、ある意味またとない大チャンスですね。


ビットコインも何だかんだ週足で中央の移動平均線をタッチして、すぐ反発してきました。

↓↓↓



この図を見るとよくわかります。



結局過去何度も下落していますが、移動平均線の上で常に推移してきています。


1月頭の高値圏でつかんでしまった方は、少しの間我慢しなければいけないので、可哀想ですが、まだまだ仮想通貨はこれからなので、大きな下落、上昇をともなって市場が成長していきますので、成長痛と思って耐えるしかないですね。


私も一旦売っておけば大きな利益があったのにとも思いましたが、それはもうしょうがないですね。


もっと先を見据えているので、保有数が減るリスクを取るより確実に持っておくことを選択しました。


下がった分、買い増しできたので保有数も多くなり、また利益も大きくなりますからポジティブに考えています。


では、今回の大きな下落を少し分析していきたいと思います。


今回はビットコインだけが下げたり、前回の下げのようにリップルだけは好調に水位していたりということではなく、仮想通貨全体が下げているので特定の通貨の要因ではなさそうでした。


ビットコインにつられて全体も下げてきたようです。


以前も同じように大きく下げることが何度も起こっていますが、最近急激に伸びた市場参加者によって、新規参入者が動揺して売ってしまい今までより下げに拍車をかけたと思われます。


前回の中国の規制が報じられた際も大きく下げましたが、2017年末から2018年に向けて大きく上昇しました。





なので、落ち着いた頃にはまた元通りということになると思います。


正直、昨年末から年始にかけて参入した方はショックで立ち直れず、復帰出来ないかもしれませんが、以前から参入している人はまだまだ利益があります。


これから参入する方は、以前大きな下げがあったみたいという認識はありますが、事前に予防線が張れますし、意外と冷静に参入してきます。


株式市場やFXもそうやって乱高下を繰り返して大きな市場になりました。


先週にはDMMビットコインの口座開設がスタートし、SBIの参入ももうすぐです。







なので、落ち着くまで少し休憩。


資金のある方はここぞとばかりに買い増ししているかと思います。


今回の下落は韓国が発端のようです。





Jp.wsj.com 記事より抜粋↓


韓国当局はビットコインの売買や新規仮想通貨公開(ICO)を巡り、課税対象への追加や監督の強化、仮想通貨取引所の閉鎖といった措置に乗り出そうとしている。


朴相基(パク・サンギ)法相は先週、取引所での仮想通貨の売買を禁じる法案を政府が準備していると発言。これを受けて韓国の取引所では、ビットコイン相場がわずか2時間で16%余り下落した。


だがその後に大統領府の報道官は、仮想通貨取引所の廃止は「あり得る手段の1つ」であり、「最終的な」判断ではないと説明した。

こうした動きに対し、韓国大統領府の公式ウェブサイトに掲載された請願書には、現地時間15日までに20万人分に近い署名が集まった。署名が20万人分を超えれば政府が回答を義務付けられ、調査開始につながる可能性がある。署名は2017年12月28日から始まり18年1月27日まで受け付けられている。

韓国市民の間では、仮想通貨は自分たちの「夢」だとして、取引の容認を求める声が高まっている。

そして、韓国政府は仮想通貨の取引を禁止する計画を、当面の間打ち切ると発表している。法務部(法務省に相当)が取引禁止に関する法案を起草していると言及してから、わずか1日後の出来事である。

法務部はこの声明を、企画財政部(財務省に相当)や仮想通貨に関する規制を担当する特別チームなどの支持を一切得ないまま、単独発表したとみられる。

報道によると、企画財政部が取引禁止の法案を知ったのはメディア報道からで、企画財政部を含む他の機関や仮想通貨部門の特別チームは、この決定を一切承認していないと話している。

昨日(1月11日)の声明をきっかけに、法務部長官(法務大臣に相当)の Park Sang-ki(朴相基/박상기)氏の辞任を求める請願が殺到しており、6万人の署名が集まった。

そのような状況のため、韓国政府も対応せざるを得ない状況のようです。

韓国では特に仮想通貨取引の参入者が多いので、大きく影響していると思います。


アメリカでは



仮想通貨BCCを発行するビットコネクトは16日、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖すると明らかにした。米テキサス州とノースカロライナ州の証券当局から両州での関連商品販売が登録されていないとして停止通告書を受け取っていた。

と、各国で規制強化の警戒感から下げているような状況ですが、韓国については規制が撤回される可能性が高いと考えられます。

先駆けて規制をされている中国も裏で取引されていますし、

最近は中国人が日本の仮想通貨取引所を団体で見に行くツアーも開催されており、日本で口座開設をして、日本の取引所を利用して取引を継続しようとしています。

また、中国人経営者が日本で仮想通貨取引所を開設しようとしている場合もあります。

それらが市場に戻ってきたらまだまだ大きな市場になります。

個人的にはウォール街の機関投資家が仮想通貨の先物に参入してきた関係も一部要員として
あるのではないかと思っています。

機関投資家は参入後、大量の売りに賭けていたという情報を目にしています。

より大きな振れ幅で大きな利益を取りに来ているのだろうと思います。

ビットコインのチャートが綺麗に中間線で跳ね返っているのもそんな絡みがあるように思わせる要因です。





おそらくこれから、機関投資家は売りから買いに移行していくのではないかと思います。





ビットコインが1万1000ドル台維持、取り締まり強化懸念で26%下落後 bloom.bg

仮想通貨ビットコインはアジア時間17日に1万1000ドル台を維持している。

前日には世界各国の規制当局が急成長する仮想通貨業界を取り締まる新ルールづくりを進めるとの懸念から26%下落したが、トレーダーは底値を見極めている。

ということ記事には書かれています。



冷静にチャートを見てみると上記のチャートのように、まだ上で推移しています。

この前までが行き過ぎていたということですね。


新たな取引所の開設や、取り扱い通貨の拡充、新規参入者の増加は、これまでも大きな上昇の要因となってきました。

中国人、韓国人も何だかんだ戻ってきます。

初期からのビットコイン信者も多いですからね。




ちなみにこの時期の暴落は毎年恒例という情報がツイッターで流れています。

↓↓↓





暴落に慣れすぎて、規則性まで目が行っていませんでしたが、毎年この時期に下げて結局何倍にも上がって行くんですね。









私と同じウォール街説。











新規参入者の洗礼も出てきてますね。





そんな感じで、いろんな憶測が出ていますが、歴史を振り返れば、
去年はビットコインも10万から6万に4割下げた後、200万円突破ですからね。


4割下げた後、30倍以上ですから。


なので、またの上昇に備えて、買える分は安いうちに買っておくのがいいと思います。


今回ビットコインにつられて軒並み下げましたが、リップルやネムといった実用的なアルトコインたちは、とんでもなくこれからも上昇すると思われますしね。


私が当初買った時よりは高いですが、新規参入の方が買うなら今。


買い増しの人も今がスーパーSALE中ですね。


私も久しぶりに買い増ししました。


一桁間違えて思ってた10倍の金額買ってしまいましたが(汗)


まぁ長い目で見たら良いでしょうということで、そのまま待つことにします(笑)



新たに仮想通貨を始められる方は、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。

こちらは詳細チャートも見れるので分析をしたい人にもおすすめです。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~ビットコインが中国、韓国の規制強化観測で暴落~

仮想通貨
01 /18 2018
初めての仮想通貨投資 ~ビットコインが中国、韓国の規制強化観測で暴落~




ご覧頂きありがとうございます


ビットコインをはじめ、仮想通貨が軒並み下落してしまっていますね。







この金額では二度と買えないと思っていた水準まで、下がって来ているので、ある意味またとない大チャンスですね。


ビットコインも何だかんだ週足で中央の移動平均線をタッチして、すぐ反発してきました。

↓↓↓



この図を見るとよくわかります。



結局過去何度も下落していますが、移動平均線の上で常に推移してきています。


1月頭の高値圏でつかんでしまった方は、少しの間我慢しなければいけないので、可哀想ですが、まだまだ仮想通貨はこれからなので、大きな下落、上昇をともなって市場が成長していきますので、成長痛と思って耐えるしかないですね。


私も一旦売っておけば大きな利益があったのにとも思いましたが、それはもうしょうがないですね。


もっと先を見据えているので、保有数が減るリスクを取るより確実に持っておくことを選択しました。


下がった分、買い増しできたので保有数も多くなり、また利益も大きくなりますからポジティブに考えています。


では、今回の大きな下落を少し分析していきたいと思います。


今回はビットコインだけが下げたり、前回の下げのようにリップルだけは好調に水位していたりということではなく、仮想通貨全体が下げているので特定の通貨の要因ではなさそうでした。


ビットコインにつられて全体も下げてきたようです。


以前も同じように大きく下げることが何度も起こっていますが、最近急激に伸びた市場参加者によって、新規参入者が動揺して売ってしまい今までより下げに拍車をかけたと思われます。


前回の中国の規制が報じられた際も大きく下げましたが、2017年末から2018年に向けて大きく上昇しました。





なので、落ち着いた頃にはまた元通りということになると思います。


正直、昨年末から年始にかけて参入した方はショックで立ち直れず、復帰出来ないかもしれませんが、以前から参入している人はまだまだ利益があります。


これから参入する方は、以前大きな下げがあったみたいという認識はありますが、事前に予防線が張れますし、意外と冷静に参入してきます。


株式市場やFXもそうやって乱高下を繰り返して大きな市場になりました。


先週にはDMMビットコインの口座開設がスタートし、SBIの参入ももうすぐです。







なので、落ち着くまで少し休憩。


資金のある方はここぞとばかりに買い増ししているかと思います。


今回の下落は韓国が発端のようです。





Jp.wsj.com 記事より抜粋↓


韓国当局はビットコインの売買や新規仮想通貨公開(ICO)を巡り、課税対象への追加や監督の強化、仮想通貨取引所の閉鎖といった措置に乗り出そうとしている。


朴相基(パク・サンギ)法相は先週、取引所での仮想通貨の売買を禁じる法案を政府が準備していると発言。これを受けて韓国の取引所では、ビットコイン相場がわずか2時間で16%余り下落した。


だがその後に大統領府の報道官は、仮想通貨取引所の廃止は「あり得る手段の1つ」であり、「最終的な」判断ではないと説明した。

こうした動きに対し、韓国大統領府の公式ウェブサイトに掲載された請願書には、現地時間15日までに20万人分に近い署名が集まった。署名が20万人分を超えれば政府が回答を義務付けられ、調査開始につながる可能性がある。署名は2017年12月28日から始まり18年1月27日まで受け付けられている。

韓国市民の間では、仮想通貨は自分たちの「夢」だとして、取引の容認を求める声が高まっている。

そして、韓国政府は仮想通貨の取引を禁止する計画を、当面の間打ち切ると発表している。法務部(法務省に相当)が取引禁止に関する法案を起草していると言及してから、わずか1日後の出来事である。

法務部はこの声明を、企画財政部(財務省に相当)や仮想通貨に関する規制を担当する特別チームなどの支持を一切得ないまま、単独発表したとみられる。

報道によると、企画財政部が取引禁止の法案を知ったのはメディア報道からで、企画財政部を含む他の機関や仮想通貨部門の特別チームは、この決定を一切承認していないと話している。

昨日(1月11日)の声明をきっかけに、法務部長官(法務大臣に相当)の Park Sang-ki(朴相基/박상기)氏の辞任を求める請願が殺到しており、6万人の署名が集まった。

そのような状況のため、韓国政府も対応せざるを得ない状況のようです。

韓国では特に仮想通貨取引の参入者が多いので、大きく影響していると思います。


アメリカでは



仮想通貨BCCを発行するビットコネクトは16日、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖すると明らかにした。米テキサス州とノースカロライナ州の証券当局から両州での関連商品販売が登録されていないとして停止通告書を受け取っていた。

と、各国で規制強化の警戒感から下げているような状況ですが、韓国については規制が撤回される可能性が高いと考えられます。

先駆けて規制をされている中国も裏で取引されていますし、

最近は中国人が日本の仮想通貨取引所を団体で見に行くツアーも開催されており、日本で口座開設をして、日本の取引所を利用して取引を継続しようとしています。

また、中国人経営者が日本で仮想通貨取引所を開設しようとしている場合もあります。

それらが市場に戻ってきたらまだまだ大きな市場になります。

個人的にはウォール街の機関投資家が仮想通貨の先物に参入してきた関係も一部要員として
あるのではないかと思っています。

機関投資家は参入後、大量の売りに賭けていたという情報を目にしています。

より大きな振れ幅で大きな利益を取りに来ているのだろうと思います。

ビットコインのチャートが綺麗に中間線で跳ね返っているのもそんな絡みがあるように思わせる要因です。





おそらくこれから、機関投資家は売りから買いに移行していくのではないかと思います。





ビットコインが1万1000ドル台維持、取り締まり強化懸念で26%下落後 bloom.bg

仮想通貨ビットコインはアジア時間17日に1万1000ドル台を維持している。

前日には世界各国の規制当局が急成長する仮想通貨業界を取り締まる新ルールづくりを進めるとの懸念から26%下落したが、トレーダーは底値を見極めている。

ということ記事には書かれています。



冷静にチャートを見てみると上記のチャートのように、まだ上で推移しています。

この前までが行き過ぎていたということですね。


新たな取引所の開設や、取り扱い通貨の拡充、新規参入者の増加は、これまでも大きな上昇の要因となってきました。

中国人、韓国人も何だかんだ戻ってきます。

初期からのビットコイン信者も多いですからね。




ちなみにこの時期の暴落は毎年恒例という情報がツイッターで流れています。

↓↓↓





暴落に慣れすぎて、規則性まで目が行っていませんでしたが、毎年この時期に下げて結局何倍にも上がって行くんですね。









私と同じウォール街説。











新規参入者の洗礼も出てきてますね。





そんな感じで、いろんな憶測が出ていますが、歴史を振り返れば、
去年はビットコインも10万から6万に4割下げた後、200万円突破ですからね。


4割下げた後、30倍以上ですから。


なので、またの上昇に備えて、買える分は安いうちに買っておくのがいいと思います。


今回ビットコインにつられて軒並み下げましたが、リップルやネムといった実用的なアルトコインたちは、とんでもなくこれからも上昇すると思われますしね。


私が当初買った時よりは高いですが、新規参入の方が買うなら今。


買い増しの人も今がスーパーSALE中ですね。


私も久しぶりに買い増ししました。


一桁間違えて思ってた10倍の金額買ってしまいましたが(汗)


まぁ長い目で見たら良いでしょうということで、そのまま待つことにします(笑)



新たに仮想通貨を始められる方は、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。

こちらは詳細チャートも見れるので分析をしたい人にもおすすめです。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~ビットコインの暴落の原因は?~

仮想通貨
01 /18 2018
初めての仮想通貨投資 ~ビットコインの暴落の原因は?~




ご覧頂きありがとうございます


ビットコインをはじめ、仮想通貨が軒並み下落してしまっていますね。







この金額では二度と買えないと思っていた水準まで、下がって来ているので、ある意味またとない大チャンスですね。


ビットコインも何だかんだ週足で中央の移動平均線をタッチして、すぐ反発してきました。

↓↓↓



この図を見るとよくわかります。



結局過去何度も下落していますが、移動平均線の上で常に推移してきています。


1月頭の高値圏でつかんでしまった方は、少しの間我慢しなければいけないので、可哀想ですが、まだまだ仮想通貨はこれからなので、大きな下落、上昇をともなって市場が成長していきますので、成長痛と思って耐えるしかないですね。


私も一旦売っておけば大きな利益があったのにとも思いましたが、それはもうしょうがないですね。


もっと先を見据えているので、保有数が減るリスクを取るより確実に持っておくことを選択しました。


下がった分、買い増しできたので保有数も多くなり、また利益も大きくなりますからポジティブに考えています。


では、今回の大きな下落を少し分析していきたいと思います。


今回はビットコインだけが下げたり、前回の下げのようにリップルだけは好調に水位していたりということではなく、仮想通貨全体が下げているので特定の通貨の要因ではなさそうでした。


ビットコインにつられて全体も下げてきたようです。


以前も同じように大きく下げることが何度も起こっていますが、最近急激に伸びた市場参加者によって、新規参入者が動揺して売ってしまい今までより下げに拍車をかけたと思われます。


前回の中国の規制が報じられた際も大きく下げましたが、2017年末から2018年に向けて大きく上昇しました。





なので、落ち着いた頃にはまた元通りということになると思います。


正直、昨年末から年始にかけて参入した方はショックで立ち直れず、復帰出来ないかもしれませんが、以前から参入している人はまだまだ利益があります。


これから参入する方は、以前大きな下げがあったみたいという認識はありますが、事前に予防線が張れますし、意外と冷静に参入してきます。


株式市場やFXもそうやって乱高下を繰り返して大きな市場になりました。


先週にはDMMビットコインの口座開設がスタートし、SBIの参入ももうすぐです。







なので、落ち着くまで少し休憩。


資金のある方はここぞとばかりに買い増ししているかと思います。


今回の下落は韓国が発端のようです。





Jp.wsj.com 記事より抜粋↓


韓国当局はビットコインの売買や新規仮想通貨公開(ICO)を巡り、課税対象への追加や監督の強化、仮想通貨取引所の閉鎖といった措置に乗り出そうとしている。


朴相基(パク・サンギ)法相は先週、取引所での仮想通貨の売買を禁じる法案を政府が準備していると発言。これを受けて韓国の取引所では、ビットコイン相場がわずか2時間で16%余り下落した。


だがその後に大統領府の報道官は、仮想通貨取引所の廃止は「あり得る手段の1つ」であり、「最終的な」判断ではないと説明した。

こうした動きに対し、韓国大統領府の公式ウェブサイトに掲載された請願書には、現地時間15日までに20万人分に近い署名が集まった。署名が20万人分を超えれば政府が回答を義務付けられ、調査開始につながる可能性がある。署名は2017年12月28日から始まり18年1月27日まで受け付けられている。

韓国市民の間では、仮想通貨は自分たちの「夢」だとして、取引の容認を求める声が高まっている。

そして、韓国政府は仮想通貨の取引を禁止する計画を、当面の間打ち切ると発表している。法務部(法務省に相当)が取引禁止に関する法案を起草していると言及してから、わずか1日後の出来事である。

法務部はこの声明を、企画財政部(財務省に相当)や仮想通貨に関する規制を担当する特別チームなどの支持を一切得ないまま、単独発表したとみられる。

報道によると、企画財政部が取引禁止の法案を知ったのはメディア報道からで、企画財政部を含む他の機関や仮想通貨部門の特別チームは、この決定を一切承認していないと話している。

昨日(1月11日)の声明をきっかけに、法務部長官(法務大臣に相当)の Park Sang-ki(朴相基/박상기)氏の辞任を求める請願が殺到しており、6万人の署名が集まった。

そのような状況のため、韓国政府も対応せざるを得ない状況のようです。

韓国では特に仮想通貨取引の参入者が多いので、大きく影響していると思います。


アメリカでは



仮想通貨BCCを発行するビットコネクトは16日、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖すると明らかにした。米テキサス州とノースカロライナ州の証券当局から両州での関連商品販売が登録されていないとして停止通告書を受け取っていた。

と、各国で規制強化の警戒感から下げているような状況ですが、韓国については規制が撤回される可能性が高いと考えられます。

先駆けて規制をされている中国も裏で取引されていますし、

最近は中国人が日本の仮想通貨取引所を団体で見に行くツアーも開催されており、日本で口座開設をして、日本の取引所を利用して取引を継続しようとしています。

また、中国人経営者が日本で仮想通貨取引所を開設しようとしている場合もあります。

それらが市場に戻ってきたらまだまだ大きな市場になります。

個人的にはウォール街の機関投資家が仮想通貨の先物に参入してきた関係も一部要員として
あるのではないかと思っています。

機関投資家は参入後、大量の売りに賭けていたという情報を目にしています。

より大きな振れ幅で大きな利益を取りに来ているのだろうと思います。

ビットコインのチャートが綺麗に中間線で跳ね返っているのもそんな絡みがあるように思わせる要因です。





おそらくこれから、機関投資家は売りから買いに移行していくのではないかと思います。





ビットコインが1万1000ドル台維持、取り締まり強化懸念で26%下落後 bloom.bg

仮想通貨ビットコインはアジア時間17日に1万1000ドル台を維持している。

前日には世界各国の規制当局が急成長する仮想通貨業界を取り締まる新ルールづくりを進めるとの懸念から26%下落したが、トレーダーは底値を見極めている。

ということ記事には書かれています。



冷静にチャートを見てみると上記のチャートのように、まだ上で推移しています。

この前までが行き過ぎていたということですね。


新たな取引所の開設や、取り扱い通貨の拡充、新規参入者の増加は、これまでも大きな上昇の要因となってきました。

中国人、韓国人も何だかんだ戻ってきます。

初期からのビットコイン信者も多いですからね。




ちなみにこの時期の暴落は毎年恒例という情報がツイッターで流れています。

↓↓↓





暴落に慣れすぎて、規則性まで目が行っていませんでしたが、毎年この時期に下げて結局何倍にも上がって行くんですね。









私と同じウォール街説。











新規参入者の洗礼も出てきてますね。





そんな感じで、いろんな憶測が出ていますが、歴史を振り返れば、
去年はビットコインも10万から6万に4割下げた後、200万円突破ですからね。


4割下げた後、30倍以上ですから。


なので、またの上昇に備えて、買える分は安いうちに買っておくのがいいと思います。


今回ビットコインにつられて軒並み下げましたが、リップルやネムといった実用的なアルトコインたちは、とんでもなくこれからも上昇すると思われますしね。


私が当初買った時よりは高いですが、新規参入の方が買うなら今。


買い増しの人も今がスーパーSALE中ですね。


私も久しぶりに買い増ししました。


一桁間違えて思ってた10倍の金額買ってしまいましたが(汗)


まぁ長い目で見たら良いでしょうということで、そのまま待つことにします(笑)



新たに仮想通貨を始められる方は、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。

こちらは詳細チャートも見れるので分析をしたい人にもおすすめです。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~ビットコインの値下がり原因は?~

仮想通貨
01 /17 2018
初めての仮想通貨投資 ~ビットコインの値下がり原因は?~




ご覧頂きありがとうございます


ビットコインをはじめ、仮想通貨が軒並み下落してしまっていますね。







この金額では二度と買えないと思っていた水準まで、下がって来ているので、ある意味またとない大チャンスですね。


ビットコインも何だかんだ週足で中央の移動平均線をタッチして、すぐ反発してきました。

↓↓↓



この図を見るとよくわかります。



結局過去何度も下落していますが、移動平均線の上で常に推移してきています。


1月頭の高値圏でつかんでしまった方は、少しの間我慢しなければいけないので、可哀想ですが、まだまだ仮想通貨はこれからなので、大きな下落、上昇をともなって市場が成長していきますので、成長痛と思って耐えるしかないですね。


私も一旦売っておけば大きな利益があったのにとも思いましたが、それはもうしょうがないですね。


もっと先を見据えているので、保有数が減るリスクを取るより確実に持っておくことを選択しました。


下がった分、買い増しできたので保有数も多くなり、また利益も大きくなりますからポジティブに考えています。


では、今回の大きな下落を少し分析していきたいと思います。


今回はビットコインだけが下げたり、前回の下げのようにリップルだけは好調に水位していたりということではなく、仮想通貨全体が下げているので特定の通貨の要因ではなさそうでした。


ビットコインにつられて全体も下げてきたようです。


以前も同じように大きく下げることが何度も起こっていますが、最近急激に伸びた市場参加者によって、新規参入者が動揺して売ってしまい今までより下げに拍車をかけたと思われます。


前回の中国の規制が報じられた際も大きく下げましたが、2017年末から2018年に向けて大きく上昇しました。





なので、落ち着いた頃にはまた元通りということになると思います。


正直、昨年末から年始にかけて参入した方はショックで立ち直れず、復帰出来ないかもしれませんが、以前から参入している人はまだまだ利益があります。


これから参入する方は、以前大きな下げがあったみたいという認識はありますが、事前に予防線が張れますし、意外と冷静に参入してきます。


株式市場やFXもそうやって乱高下を繰り返して大きな市場になりました。


先週にはDMMビットコインの口座開設がスタートし、SBIの参入ももうすぐです。







なので、落ち着くまで少し休憩。


資金のある方はここぞとばかりに買い増ししているかと思います。


今回の下落は韓国が発端のようです。





Jp.wsj.com 記事より抜粋↓


韓国当局はビットコインの売買や新規仮想通貨公開(ICO)を巡り、課税対象への追加や監督の強化、仮想通貨取引所の閉鎖といった措置に乗り出そうとしている。


朴相基(パク・サンギ)法相は先週、取引所での仮想通貨の売買を禁じる法案を政府が準備していると発言。これを受けて韓国の取引所では、ビットコイン相場がわずか2時間で16%余り下落した。


だがその後に大統領府の報道官は、仮想通貨取引所の廃止は「あり得る手段の1つ」であり、「最終的な」判断ではないと説明した。

こうした動きに対し、韓国大統領府の公式ウェブサイトに掲載された請願書には、現地時間15日までに20万人分に近い署名が集まった。署名が20万人分を超えれば政府が回答を義務付けられ、調査開始につながる可能性がある。署名は2017年12月28日から始まり18年1月27日まで受け付けられている。

韓国市民の間では、仮想通貨は自分たちの「夢」だとして、取引の容認を求める声が高まっている。

そして、韓国政府は仮想通貨の取引を禁止する計画を、当面の間打ち切ると発表している。法務部(法務省に相当)が取引禁止に関する法案を起草していると言及してから、わずか1日後の出来事である。

法務部はこの声明を、企画財政部(財務省に相当)や仮想通貨に関する規制を担当する特別チームなどの支持を一切得ないまま、単独発表したとみられる。

報道によると、企画財政部が取引禁止の法案を知ったのはメディア報道からで、企画財政部を含む他の機関や仮想通貨部門の特別チームは、この決定を一切承認していないと話している。

昨日(1月11日)の声明をきっかけに、法務部長官(法務大臣に相当)の Park Sang-ki(朴相基/박상기)氏の辞任を求める請願が殺到しており、6万人の署名が集まった。

そのような状況のため、韓国政府も対応せざるを得ない状況のようです。

韓国では特に仮想通貨取引の参入者が多いので、大きく影響していると思います。


アメリカでは



仮想通貨BCCを発行するビットコネクトは16日、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖すると明らかにした。米テキサス州とノースカロライナ州の証券当局から両州での関連商品販売が登録されていないとして停止通告書を受け取っていた。

と、各国で規制強化の警戒感から下げているような状況ですが、韓国については規制が撤回される可能性が高いと考えられます。

先駆けて規制をされている中国も裏で取引されていますし、

最近は中国人が日本の仮想通貨取引所を団体で見に行くツアーも開催されており、日本で口座開設をして、日本の取引所を利用して取引を継続しようとしています。

また、中国人経営者が日本で仮想通貨取引所を開設しようとしている場合もあります。

それらが市場に戻ってきたらまだまだ大きな市場になります。

個人的にはウォール街の機関投資家が仮想通貨の先物に参入してきた関係も一部要員として
あるのではないかと思っています。

機関投資家は参入後、大量の売りに賭けていたという情報を目にしています。

より大きな振れ幅で大きな利益を取りに来ているのだろうと思います。

ビットコインのチャートが綺麗に中間線で跳ね返っているのもそんな絡みがあるように思わせる要因です。





おそらくこれから、機関投資家は売りから買いに移行していくのではないかと思います。





ビットコインが1万1000ドル台維持、取り締まり強化懸念で26%下落後 bloom.bg

仮想通貨ビットコインはアジア時間17日に1万1000ドル台を維持している。

前日には世界各国の規制当局が急成長する仮想通貨業界を取り締まる新ルールづくりを進めるとの懸念から26%下落したが、トレーダーは底値を見極めている。

ということ記事には書かれています。



冷静にチャートを見てみると上記のチャートのように、まだ上で推移しています。

この前までが行き過ぎていたということですね。


新たな取引所の開設や、取り扱い通貨の拡充、新規参入者の増加は、これまでも大きな上昇の要因となってきました。

中国人、韓国人も何だかんだ戻ってきます。

初期からのビットコイン信者も多いですからね。




ちなみにこの時期の暴落は毎年恒例という情報がツイッターで流れています。

↓↓↓





暴落に慣れすぎて、規則性まで目が行っていませんでしたが、毎年この時期に下げて結局何倍にも上がって行くんですね。









私と同じウォール街説。











新規参入者の洗礼も出てきてますね。





そんな感じで、いろんな憶測が出ていますが、歴史を振り返れば、
去年はビットコインも10万から6万に4割下げた後、200万円突破ですからね。


4割下げた後、30倍以上ですから。


なので、またの上昇に備えて、買える分は安いうちに買っておくのがいいと思います。


今回ビットコインにつられて軒並み下げましたが、リップルやネムといった実用的なアルトコインたちは、とんでもなくこれからも上昇すると思われますしね。


私が当初買った時よりは高いですが、新規参入の方が買うなら今。


買い増しの人も今がスーパーSALE中ですね。


私も久しぶりに買い増ししました。


一桁間違えて思ってた10倍の金額買ってしまいましたが(汗)


まぁ長い目で見たら良いでしょうということで、そのまま待つことにします(笑)



新たに仮想通貨を始められる方は、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。

こちらは詳細チャートも見れるので分析をしたい人にもおすすめです。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~Amazon の決済手段採用でリップル(XRP)が今後も大上昇?アルトコインの上昇がくる~

仮想通貨
01 /04 2018
初めての仮想通貨投資 ~Amazon の決済手段採用でリップル(XRP)が今後も大上昇?アルトコインの上昇がくる~




ご覧頂きありがとうございます。

ビットコインが上昇し、その他の仮想通貨もどんどん上昇してきていますね。

これから仮想通貨投資を始めてみようと考えている方は、過去に比べると仮想通貨も割高になってしまったのではないか?

今買うのは危険ではないか?

という思いがあるかも知れません。


ビットコインは最高値から少し下落して、今は絶好の買いチャンスと思っています。






ビットコインは常々言っていますが、仮想通貨の世界の基軸通貨のようなものなので何だかんだ他の仮想通貨の取引量が増えるに従って上がっていきます。

その取引量も、前月比50%アップという取引所もあるなど、上昇の一途を辿っています。

取引所の口座開設をする人もどんどん増えており、本人確認書類待ちで渋滞しています。

それらの人たちが取引出来るようになるだけでも、仮想通貨全体が上がる要素です。

また、これから大手証券会社、銀行などの取り扱いによって、さらに市場は拡大していきます。

なのでその時が来たら100倍、1,000倍といった爆発的な上昇が起こるので、まだまだ割安の水準にあるということができます。

なので少し下がった時が絶好の買いチャンスです。

しかしビットコインは仮想通貨の中でも、1番買われており、金額も高く、伸びしろは少なくなってきているかもしれません。

ここから5倍、10倍は見込めると思いますが、これから始めて、100倍、1,000倍のリターンを得たいという人は、もっと割安な仮想通貨を探す必要があります。



最近ウォール街でもアルトコインと呼ばれる、ビットコイン以外の仮想通貨を物色する動きが活発になってきているそうです。











また、ブロックチェーンが活用できることが分かった。という記事も出ています。







Bloomberg の記事では、


ビットコイン投資に年金基金も来年参入か-EMJジャクソン氏が予測bloom.bg/2lkTpkD







ブルームバーグ・インテリジェンスによると、「より速く、より安く」あることを重視するライトコインやイーサリアム、XRPなど第2世代の仮想通貨はビットコインをアウトパフォームしている。







機関投資家はビットコインに代わる次なる目玉を模索しているようだ。







大型仮想資産のパフォーマンスは、より小型のものを上回っているとファンドストラットのテクニカルストラテジスト、ロブ・スルーマー氏はリポートで指摘。大口のプレーヤーが同資産クラス内で新たな投資先を探している可能性を示す証拠とみている。

スルーマー氏は「著しくアウトパフォームしている仮想通貨」としてリップルやライトコイン、NEM(ネム)、Zcash(ジーキャッシュ)などを挙げ、「流動性に注目し、ビットコインの次を見据える機関投資家の新たな関心が反映されている公算が大きい」との見方を示した。







このようにビットコイン以外の仮想通貨はまだまだ伸び代があると思われます。

特に銀行の送金手段や、企業の文書の記録保管などに用いられることが想定されている、
リップル(XRP)やネム(XEM)は実用性の観点からも爆発的な上昇が見込まれます。


特にリップルは材料が多く、

2017年の一年間で2万%高と猛追してイーサリアムを捉え、ビットコインに次ぐ時価総額へと成長しました。


このリップルはあのAmazonの決済手段としても使われることが噂されており、実現すると物凄い上昇を見せることとなると思われます。










その思惑もあり、すでに上昇してきています。


今のうちにリップルは買えるだけ買っておくのが得策と思います。



また、リップルと同じ様に実用性があるネムはリップルに比べるとまだまだ上昇が少ないのでこれからの伸びしろがより大きいと言えます。

どちらの通貨もまだまだほかの通貨に比べて価格が安いです。

ビットコインと同じ金額まで行くとすると、これからまだ1万倍になります。

値上がりの状況や、時価総額の見方などはこちらのブログにまとめています↓↓(少しデータが古いですが)

初めての仮想通貨投資 ~今年の仮想通貨値上がりランキングまとめ~ ←クリックすると飛べます。




まだまだ仮想通貨は伸びる余地が大きく、早く始めれば始めただけ、リターンも大きくなるということです。


昨年だけでも平均100倍のリターンがあったと思います。



仮想通貨を始めるなら、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

初めての仮想通貨投資 ~ビットコイン以外で有望なアルトコイン~

仮想通貨
01 /04 2018
初めての仮想通貨投資 ~ビットコイン以外で有望なアルトコイン~




ご覧頂きありがとうございます。

ビットコインが上昇し、その他の仮想通貨もどんどん上昇してきていますね。

これから仮想通貨投資を始めてみようと考えている方は、過去に比べると仮想通貨も割高になってしまったのではないか?

今買うのは危険ではないか?

という思いがあるかも知れません。


ビットコインは最高値から少し下落して、今は絶好の買いチャンスと思っています。






ビットコインは常々言っていますが、仮想通貨の世界の基軸通貨のようなものなので何だかんだ他の仮想通貨の取引量が増えるに従って上がっていきます。

その取引量も、前月比50%アップという取引所もあるなど、上昇の一途を辿っています。

取引所の口座開設をする人もどんどん増えており、本人確認書類待ちで渋滞しています。

それらの人たちが取引出来るようになるだけでも、仮想通貨全体が上がる要素です。

また、これから大手証券会社、銀行などの取り扱いによって、さらに市場は拡大していきます。

なのでその時が来たら100倍、1,000倍といった爆発的な上昇が起こるので、まだまだ割安の水準にあるということができます。

なので少し下がった時が絶好の買いチャンスです。

しかしビットコインは仮想通貨の中でも、1番買われており、金額も高く、伸びしろは少なくなってきているかもしれません。

ここから5倍、10倍は見込めると思いますが、これから始めて、100倍、1,000倍のリターンを得たいという人は、もっと割安な仮想通貨を探す必要があります。



最近ウォール街でもアルトコインと呼ばれる、ビットコイン以外の仮想通貨を物色する動きが活発になってきているそうです。











また、ブロックチェーンが活用できることが分かった。という記事も出ています。







Bloomberg の記事では、


ビットコイン投資に年金基金も来年参入か-EMJジャクソン氏が予測bloom.bg/2lkTpkD







ブルームバーグ・インテリジェンスによると、「より速く、より安く」あることを重視するライトコインやイーサリアム、XRPなど第2世代の仮想通貨はビットコインをアウトパフォームしている。







機関投資家はビットコインに代わる次なる目玉を模索しているようだ。







大型仮想資産のパフォーマンスは、より小型のものを上回っているとファンドストラットのテクニカルストラテジスト、ロブ・スルーマー氏はリポートで指摘。大口のプレーヤーが同資産クラス内で新たな投資先を探している可能性を示す証拠とみている。

スルーマー氏は「著しくアウトパフォームしている仮想通貨」としてリップルやライトコイン、NEM(ネム)、Zcash(ジーキャッシュ)などを挙げ、「流動性に注目し、ビットコインの次を見据える機関投資家の新たな関心が反映されている公算が大きい」との見方を示した。







このようにビットコイン以外の仮想通貨はまだまだ伸び代があると思われます。

特に銀行の送金手段や、企業の文書の記録保管などに用いられることが想定されている、
リップル(XRP)やネム(XEM)は実用性の観点からも爆発的な上昇が見込まれます。


特にリップルは材料が多く、

2017年の一年間で2万%高と猛追してイーサリアムを捉え、ビットコインに次ぐ時価総額へと成長しました。


このリップルはあのAmazonの決済手段としても使われることが噂されており、実現すると物凄い上昇を見せることとなると思われます。










その思惑もあり、すでに上昇してきています。


今のうちにリップルは買えるだけ買っておくのが得策と思います。



また、リップルと同じ様に実用性があるネムはリップルに比べるとまだまだ上昇が少ないのでこれからの伸びしろがより大きいと言えます。

どちらの通貨もまだまだほかの通貨に比べて価格が安いです。

ビットコインと同じ金額まで行くとすると、これからまだ1万倍になります。

値上がりの状況や、時価総額の見方などはこちらのブログにまとめています↓↓(少しデータが古いですが)

初めての仮想通貨投資 ~今年の仮想通貨値上がりランキングまとめ~ ←クリックすると飛べます。




まだまだ仮想通貨は伸びる余地が大きく、早く始めれば始めただけ、リターンも大きくなるということです。


昨年だけでも平均100倍のリターンがあったと思います。



仮想通貨を始めるなら、下記の取引所がおススメです。↓↓↓


zaif↓ 下の画像クリックで登録ページに飛べます。




最近人気が出すぎて混み合っていて繋がりにくいみたいですが、気長に登録してみて下さい。


登録方法はこちらのブログから↓↓↓


初めての仮想通貨投資 ~Zaif 取引所のスマホ登録・使用方法・手順~



coincheck 取引所は取り扱いコインの種類が多く

こちらも合わせて開設されるのがオススメです↓  (画像クリックで登録できます。)


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



登録方法はこちらのブログから↓↓↓

初めての仮想通貨投資~coin check(コインチェック)取引所のスマホ登録方法•手順~



とにかく、早く始めるのが一番ですね。








ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


以上、ご覧頂きありがとうございました。

やだマン

FC2ブログへようこそ!